腕時計の電池を自分で交換する

個人的にはクォーツ時計はあまり好きではないが、安いためどうしても選んでしまい家中に散らばっています。クォーツ式の宿命として電池切れがあるが、時計屋で電池交換をしてもらおうとすると1000円程度かかるという大きな問題があり、特に10ドル程度で買った時計を1000円払って電池交換してもらうのは馬鹿馬鹿しい。

1000円も技術料がかかるのならばさぞかし複雑な構造なのだろうと思っていたが、実際にはそのようなことは全くなくゲームボーイの電池を交換するのと同じような感覚でできるものでした。

 

今回電池を交換するのはこの時計。クォーツ式のコーアクシャルムーブメントという摩訶不思議な時計だがお察しください。

 

時計用工具は中国から輸入してくるのが安価で良いのだが、面倒くさいのでDAISOで400円もする工具を購入しました。100均とは何だったのか。

 

これははめ込み式だったのでナイフのような工具で裏蓋を引っぺがすとこのような構造になっています。ものすごくちゃちいです。

 

 

参考までに少し古いモノホンのDe ville quartzのムーブメントはこのようになっているようです。さすが現代の製品は小型化されて技術が詰まっていますね()

 

あとは爪楊枝か何かで古い電池を除去し交換するだけです。

その際の電池は高いものを購入しても良いとは思いますが、容量は少なくなるものの逆輸入品等の安価な電池でも良いのではないかと思います。電池が切れたらまた交換すれば良いだけなので。

電池のSWとWは電解液がNaOH水溶液かKOH水溶液かの違いで抵抗値が異なるのですが、元々入っていた電池と同じものを使えば問題ないです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください