新興VPN Surfsharkを契約してみた

はじめに

ほぼチラ裏記事です。

公共Wifiを使用する際や、P2P(合法ですよ!)を使用する際に、セキュリティが少し心配になっていました。

そこで、有料のVPNを契約してみることにしました。

選ぶにあたって

Express VPNやらNord VPNやら有名どころはあり、そちらも考慮しましたが、Surfsharkを使うことにしました。

下の4つの要素は、選定にあたって重要視しました。

  • 情報ログなし
  • イギリス領ヴァージン諸島の会社(強制捜査を受けない)
  • P2PがOK
  • 安い!!!!!!

 完全にP2P用途に見えてしまいますね…

良いなと思った機能

キルスイッチ

クラッシュ等でVPN接続がふとした拍子で切れてしまった時、ネットワークを遮断してくれる機能が付いています。そのため、うっかり生IPを晒してしまうリスクを減らせます。

うっかりしていて保護していない瞬間に限って、政府の監視に引っかかってしまうんですよね。きっと。

アプリごとにVPNを除外

Windows版ではあるらしいです。Mac版にも入れてくれ。

これを使えば、VPNを通したブラウザと素の状態のブラウザを同時起動して、国内外での見え方を検証したりもすることができます。

自分としては、torrentクライアントをVPN適用させたまま、ブラウザをVPNを通さずに利用するという使い方がしたかったです。とりあえずは、今は全てVPN越しにアクセスしていますが、気が向いたときに代替案として仮想PCにP2Pをやらせようかなと思っています。LinuxのOSを落としてるだけですが。

CleanWeb

通信量を減らすために、広告やトラッキングをブロックするという機能がついています。やったね!これで広告ブロック拡張機能を外せますね!!!

….

 

広告消えてないやんけ!!!!!!!

どうも、この機能は使えないらしいです。

終わりに

自分は、月1.99ドルの2年分一括払いで契約しました。

それほど速度低下も感じませんし、月2ドルで安心が得られるなら安いものですね。

まあ2年後にこの企業がまだ生きているかは知りませんが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください