Safariの拡張機能をインストールできない場合の解決法

今までブラウザはChromeは拡張機能モリモリでメインブラウザ、Vivaldiが遊び用、Firefoxは調査用+大学関連のアカウントにログインする用(エッチなサイトの履歴を共用アカウントにうっかり残したくないため)、Safariはサブと使い分けていましたが、思い直して最近はSafariをメインブラウザにしています。

メインブラウザにするにあたってある程度拡張機能を追加しようとしたのですが、safariextzファイルを導入する際Trustを押しても追加できなかったため対策法のメモ。

この現象はMacの昔からのバグなようで2017/11/5現在最新である10.13.2betaにおいても解消されていません。

 

対策法1 セーフモードで起動する

Macを再起動時にShiftを押しっぱなしにするとセーフモードで起動できます。

セーフモード中は問題なくインストールできます。

 

対策法2 キーボード操作でTrustを押せるようにする

環境設定の中のキーボードの設定のショートカットタブ内のすべてのコントロールにチェックを入れる。

その後safariextzを開きマウス操作ではなくTabとスペースで信頼を押すと無事にインストールされます。

 

 

いつになったら治るんですかね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください