お手軽VRとしては合格点 PS VR

はじめに

2年前くらいからそのうち買おうとは思っていたのですが、そこそこ安くなっていたので良いタイミングと思い購入しました。

レビュー

開封の儀

年末年始のキャンペーンの一環として安くなっていたので、おめでたい柄のパッケージになっています。

外観

シネマティックモード

PS4につなぐ前にまずNintendo Switchと接続し、スマブラをやってみました。

デフォルトはシネマティックモード(中)での表示ですが、視界に微妙に収まりきらない程度の大きさで画面が表示されます。

これが意外と迫力があって、下手なディスプレイに映すより良いなと感じました。

ただ、普段42インチ4Kディスプレイを使っている身としては、画質には物足りなさを感じます。

960×1080の解像度なので、仕方ないと言えば仕方ないですね。

ちなみに、ちゃんとPS4に繋げば3Dのブルーレイを再生できるので、安価な3Dテレビと思って買うのは十分にアリだと思います。

VRモード

VRの強みを最大限に活かせるゲームとして、グランツーリスモをプレイしました。

環境はPS4 ProG 29です。

まず何より、完全に実際に車を運転しているような状態になります。

左右を見ることでサイドミラーを確認したり、車の内装もしっかりと確認できます。

ハンドルコントローラにH型シフトをつけているのですが、元々レバーを見て操作していないので、目の前に見える位置とは全然違っても、意外と問題なく操作できました。

ディスプレイに映すよりも圧倒的に臨場感があり、また運転もしやすいので、グランツーリスモはPS VRとハンコンを購入して初めて、完全版になると思った方が良さそうです。プレイ映像を見るだけでは、ここまでの違いがあるとはわかりませんでした。

ただ、このゲームは動きが大きいので、画質の荒さが非常に目立っているのが残念に感じました。元々のPS VRの画質だけの問題なのか、PS4の処理能力によるものなのかはわかりませんが、今後の課題と言えそうです。

終わりに

グランツーリスモかもうすぐ発売されるエースコンバットをプレイするつもりなら、買って損はないと思います。

VRになることでゲーム体験が大きく変わります。

ただ、残念な点としては、HTC Viveと比較してしまうと画質の悪さが目立ちます。まあ価格帯が違うんですけどね。

サマーレッスンもやりましたが、女の子がキスしてくれなかったので、そう言うことをしたい人は大人しくViveとVR彼女を買うべきだと思いました。

Vive Proかいつの日か発売されるVive2が欲しい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください