オリンパスカメラのWifi機能でPCに写真を直接取り込む

はじめに

一部カメラにはWifi経由でスマホに写真を取り込む機能が付いています。

自分が使っているOM-D E-M5 markⅡは、カメラから飛ばすAPにスマホで接続し、「O.I Share」というアプリを使うことで、外出中でもSNSにシェアすることができるのでそこそこ便利です。

PCにもO.I Shareのようなソフトを入れて、わざわざSDカードを取り出したり、ケーブルで繋いだりする前時代的な作業から解放されようと思うのが普通だと思いますが、公式サイトには以下のような記述が…

は?何で?

そんなこと言っておきながら本当はできるんでしょ?と思ったので試してみました。

PCから直接取り込む方法を知りたいだけの場合は、「Camera Controlでの画像転送」の章まで飛ばしてください。

とりあえずブラウザからアクセスしてみる

接続

スマホでの接続と同様に、カメラのAPにWifiで接続します。

Terminalで”arp -a”を叩いてルータ(カメラ)のIPアドレスを確認すると、カメラには192.168.0.10が割り当てられているようです。

試しにブラウザに192.168.0.10と打ち込めば、それっぽい画面が出てきました。

やったぜ。

ちなみに、最初の画面に複数ボタンが表示されていますが、これはルートに作成されているフォルダ名です。(10*NINは3DSのスクショフォルダです)

ブラウザからの画像取り込み

フォルダに入ると、写真のサムネイルが表示されます。

サムネイルをクリックすると、どでかく画像が表示されます。

ここから右クリックなり何なりで画像を取り込めます。

RAW画像の弊害

が、あっさりいくのはjpegファイルで撮影したときの話。

RAWで撮影してしまうと、めちゃくちゃ小さいサムネイルしか表示されません。

ソースを見てみると、get_thumbnail.cgiで現像したjpegを表示しているようですね。

ブラウザでRAW画像を取り込みたい場合は、今回でいうと

“http://192.168.0.10/DCIM/105OLYMP/FILE.html?/DCIM/105OLYMP/P4290160.ORF”

“http://192.168.0.10/DCIM/105OLYMP/P4290160.ORF”

に変えてアクセスすれば良いです。

Camera Controlでの画像転送

まあぶっちゃけブラウザで取り込む方法は面倒でしたね。

少し調べてみると、Windows用のソフトですが、PCから写真を取り込むためのソフトがあったようです。

めっちゃ簡単やん。

Camera Controlというサードパーティ製のソフトで、写真転送の他にもO.I Shareの機能であるリモートコントロール機能も付いています。(PCでやる必要があるかはよくわかりませんが)

おそらくはじめにソフトを起動した時はカメラを認識しませんが、カメラのAPにつないだ状態で、設定でIPアドレスを指定すれば簡単に写真を転送できるようになります。

最後に

ここまで説明しておいて何ですが、カメラのWifiの転送速度は大したことないので、素直にSDカードでインポートした方が早いし、楽です。

まあお遊びということで。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください