Mi band4レビュー

はじめに

Mi band3を使っていたはずなのに、どうしてMi band4を買ったんだと言われると思いますが、単純に失くしました。

しばらく活動量計なしで生活していたのですが、スマホの通知を活動量計で確認する生活に慣れ切っていたので、ストレスフルでした。

そのため、金欠なのに新たに買ってしまいました。大懺悔です。

レビュー

外観

特に特筆するべき点はありませんが、一応外箱です。

一瞬で捨てました。

みなさんがまず最初に気にする充電端子ですが、このような形状をしています。

相変わらず独自端子なのはマイナス点です。

充電時はこのような状態になります。

機能

基本的にはMi band3と一緒ですが、順当に進化しています。

Mi band3と変わらない機能としては、心拍数測定、睡眠ログ、通知、天気予報、タイマー、アラーム、座りっぱなし警告機能、心拍数上昇警告機能、電話応答機能ですね。

新たな機能としては、カラー表示、画面サイズの巨大化(+それに伴う情報量の増加)、スマホの音楽コントロール、フェイスの変更です。

お風呂上がりなので、心拍数が高めです。

軽く扱いましたが、画面が大きくなったり、フェイスを変えられるようになったため、かなり視認性が上がりました。

Mi band4にしたことで、メイン画面で時刻と歩数と心拍数が確認できるようになったのは、自分としては非常に高得点です。

可愛いフェイスもあります。

また、通知がかなりの行数表示されるので、これが地味に便利です。

終わりに

実質見せびらかしただけの記事ですが、Mi band4はかなりおすすめできます。

そりゃ、YAMAPと連携して山岳地図を表示できるApple Watchには敵いませんが、圧倒的に値段が違います。

普通に使う人なら、これで十分でしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください