活動量計 Mi band2 実機レビュー

まともな腕時計が壊れてしまいしばらくU8 Watchを使用していたのだが,物理ボタンを押さなければ時間を確認できず非常に不便だったので活動量計であるXiaomi Mi Band 2を購入した.

img_6765

当然活動量計なので歩数計はついており,時間帯毎に歩数,距離,消費カロリーを確認できる.
また,睡眠時間を計測することができアプリを開くと,入眠時間やどの時間に眠りが深いかが確認できる.Sleep Meisterを目覚ましとして使っているのだが入眠時間は3分程度のズレがある程度(どちらが正しいデータなのかは分からないが).オプションでバッテリーの保ちが悪くなるという注意書きはあるものの心拍数からデータをより正確にする設定もある.後述するがそもそもバッテリー保ちが良いのでオンにしておいても良いだろうと思う.

img_0289

そしてなにより自分にとって魅力的なのが心拍測定を行えることで,日時と共に記録される.
さらにアプリからランニングモードを起動するとGPSトラッキングと時間毎の走行ペース,心拍数等を表示できる.
ペースと心拍数のグラフを見ると当然ではあるが相関関係が見られてなかなかおもしろい.
img_0281

この類のガジェットでの心配事はバッテリーだと思うが,公称20日保つことになっている.当然これは使用状況に寄るが,心拍数ログを撮りまくって遊んでいても8日で50%しか減っていないので信憑性は高いと言えるだろう.

他にも防水や通知機能,目覚まし機能,同じ体勢で居続けると警告してくれる機能等がありなかなか楽しいおもちゃだと思う.

気に食わない点としては充電が独自端子を使用することだが,2〜3週間に1度しか充電を行う必要がないのだからそこまで気にすることもないだろう.

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください