人生初の骨伝導イヤホン Z8レビュー

はじめに

骨伝導イヤホンは昔から存在していましたが、正直イロモノ扱いしていました。

先日ひょんな事から手に入れた(送りつけられた)のを放置していましたが、開封して使ってみました。

 

レビュー

外観

本体です。左側(写真では手前)にあるファンクションボタンで通話に出たりすることができます。

 

付属品

本体の他には充電用ケーブル(microUSB)と耳栓と取説が入っていました。

ん?耳栓?

 

スペック等

コーデックの記載はないのでSBCのみでしょう。

公称では充電時間は2時間未満で、連続再生可能時間は5時間です。

何とも言えないスペックですね。

 

音について

悪いです。低音がほとんど出ておらずシャリシャリしており、また全体的に音がこもっています。

あと結構音漏れします。

まあ骨伝導はこんなもんなんですかね。

 

ふと、付属品に耳栓があったのを思い出したので、耳栓をした状態で音楽を流してみました。

すると、ちゃんと聴こえるのは当然なのですが、失われていた低音が復活していました。

本来の音は耳栓をした状態ということなのですね。

耳栓をした状態で音を再評価すると、結局クソはクソでした。

 

終わりに

快適に音楽鑑賞をする用途には向いていないです。

ただ、耳を塞がないのでこれをつけながら自転車に乗ることができます。

晴れの日は自転車通勤しているので、音楽は聴けないでいるのですが、これを使うことで催眠音声を聞きながら通勤することができます。

あなたは少しずつ、少しずつ、仕事のことしか考えられなくなります…

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください