ダイヤモンドという炭素の塊を海外から購入した話

はじめに

個人的に宝石類は好きで、子供の頃はディアゴスティーニのトレジャーストーンを買ってもらっていた。(隔週発行で宝石・鉱石の原石と解説が付いてくる)

参考:トレジャー・ストーン

とはいえ、石自体に高いお金を出すような価値があるとは全く考えていない。

とりわけダイヤモンドなどは、単なる炭素でしかないと考えており、装飾品としてならジルコニアでも良いのではないかとさえ思っている。

ただ、ある事情から、この石がついた輪っかを贈りたいという強く思うようになった。(なお相手からは、そんなもの要らないと言われている)

そのため、独断で突っ走ってダイヤモンドを購入することにしました。

どこで指輪を買うべきか

最初は、カルティエやティファニー、ハリーウィンストンなどを考えていましたが、ダイヤが小さくても結構お高い。

さらに、パートナーからそういったものにあまりお金を使わないで欲しいと言われてしまっているため、なかなか予算を上げられませんでした。

そもそも論で、日本でダイヤを購入しようとすると世界相場の約2倍の値段がつけられており、ぶっちゃけぼったくりです。

そのため、風情もへったくれもないですが、アメリカからネット通販で購入することにしました。

調べてみたところ、海外からダイヤを購入する際に、候補に上がるのがブルーナイルとジェームズアレンなようでした。

2社を比較すると同じ品質でもブルーナイルの方が微妙に安いようなので、(指輪をいれる箱はジェームズアレンの方が豪華らしい)そちらで買うことにしました。

ダイヤの選定基準

ダイヤは4Cで価値が決まります。

4Cはカラット、クラリティ、カラー、カットの4つで、一番目立つのはカラット数です。

そのため、基本的にカラット重視で選ぶことにしました。

ただ、鑑定書をみたときの心証もあるので、残りの3つもある程度の品質は保つように選びました。

購入したダイヤ

結局以下のスペックのダイヤを選択しました。

カット アイデアル

カラー G

クラリティ(透明度)VVS2

カラット重量0.51

(在庫がないのは自分が買ったからです)

これで価格は145200円でした。

リングもつけて181200円です。

ちなみに、アメリカからの発送なので3-10日届くまでかかります。

一方、安価に購入できることを謳っている日本のサイト(ブリリアンスプラス)で同等の条件で検索したところ約2倍の価格でした。(なぜかアメリカから買うより納期が長い…)

これを見ると、関税(リングをつけずにダイヤ単体で注文するならかかりませんが)を加味しても、圧倒的に輸入した方が同じ予算でも良いものを購入できることがわかるかと思います。

なので、ルース(ダイヤ単体)で購入して、日本のリメイクを受け付けているジュエリーショップに持ち込んで、パートナーとリングだけ一緒に選ぶのも良い手だと思います。

自分はすぐに指輪という形で欲しかったので、リングにセットした状態で購入しました。

最後に

後日談ですが、UPSで発送されるのですが、成田空港についた後なぜかまたアメリカへ飛んでいってしまい、東京に配送されるはずなのに大阪で配達完了するといった(ヤマト運輸に引き渡す際にUPSが間違った追跡番号を送ってきただけでした)、クソ of クソなアクシデントが起こったので、渡そうと思った日に渡せませんでした。

残念。

まだ渡せていませんが、素人の自分からしてみれば綺麗な指輪が届きました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください