AtomでMarkdownを使う際のおすすめパッケージ

はじめに

まあ、ぶっちゃけ普段から使っている人からしたら今更記事です。

会社でMarkdown用にAtomを導入するので、備忘録としてまとめました。

おすすめ設定

この辺りは、Markdownというより、エディタを使う際のおすすめ設定です。

インデントガイドの表示

名前の通り、インデントをガイドしてくれます。

不可視文字の表示

改行やタブ等が見えるようになります。これは好みの問題なのですが、改行も入力文字なので、見えていないとしっくりこないと自分は感じています。

ソフトラップ

これは説明不要ですね。

おすすめパッケージ

MarkDownプレビューの高機能版「markdown-preview-enhanced」

プレビューのスクロール同期、目次作成、画像のドラッグ&ドロップでの挿入(ローカルにコピーもしくはアップローダにうpる)、TeXの埋め込み等の機能が追加されます。

また、mdファイルを開いた時に、自動展開する設定もあります。定番パッケージのmarkdown-preview-openerはいらないですねw

何はともかくこれを入れておけば、他は大して必要ないです。

エディタ上部にツールバーを表示「tool-bar-markdown-writer」

エディタ上部にツールバーが表示され、GUIで操作できるようになります。

これで、Markdownがうろ覚えの時もWordのように操作できます。

また、自分はテーブルの整形機能が便利だなと思っています。

副次効果として、markdown-writerを導入することになるので、自動補完機能が働くようになります。

※依存パッケージ:「tool-bar」「markdown-writer」

忌まわしき全角スペースを可視化「show-ideographic-space」

全角スペースに苦しまされることがなくなります。

全角スペースはギルティ。

心地よくタイピングする「active-power-mode」

とりあえず入れてみてください。

Settingで音を出す設定にすると、より良いです。

最後に

ここまで書いておいてなんですが、そこまでAtomのヘビーユーザでもないです。

ぷよぐやみんぐはもうやっておらず、文章書く機会なんてブログ執筆とTwitterくらいしかないので…

Atomを使っていたのは、TeXで書くのを禁じられた修論の下書きを書いていたくらいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください