スマホ向け どうぶつの森 ポケットキャンプ のレビュー

日本では11月下旬に公開される”どうぶつの森ポケットキャンプ”がオーストラリア向けに先行配信されていたので、少しプレイしてみました。

 

操作性

スマホ向けということでまず気になるのは操作性だと思いますが、指で画面が隠れてしまうという点を除いてはそこまで操作しづらいとは感じませんでした。

なお区画間はシームレスではなくマップを選択し移動します。

 

家具集め

家具は今までの作品のように店にランダムで売られるものを買うというスタイルではなく、住人と仲良くなることによって上がるプレイヤーレベルによって素材を使ってクラフトすることができる家具がアンロックされるという方式でした。

また、市場に行くことでベルを使ってたぬきちから家具を購入することも可能です。

住人とのやりとり

相変わらず住人たちは可愛らしいです。

基本的に今までと同じように魚や虫を取ってくるお使いをして仲良くなっていきます。

今作では住人との好感度が数字で表示されるのでわかりやすいです。

 

魚・虫集め

釣りの場合は旧作と似たような方式(ただし非常に食いつきが良い)です。

虫取りはフィールド上で虫をタップするとプレイヤーがゆっくりと虫に近づき!が出たときにタップすると捕まえることができます。

また、網や釣り竿で使えまえるだけでなく課金アイテムである蜜やとあみを使って数匹いっきに捕まえることもできます。

残念なことに、埋めるのが楽しみだった魚図鑑はどうやらなくなったようです。

 

ローン

まず最初に家の借金をさせられないと驚くかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと借金させられます。

今回改築していくのはキャンピングカー内部です。

 

ちなみに外装も地味なものから変えられます。

 

借金返済後もさらなる借金が待ち受けている・・・

 

課金要素

同時にクラフトできる枠を増やす、持ち物の上限を増やす、とあみを購入する、課金限定家具をクラフトする、

とあみ類はガチャ要素なので排出率が確認できます。

 

tuna(マグロ)は排出率がものすごく低いですね。まあ普通に釣れましたけど。

 

課金限定家具は現段階ではこれだけです。

 

まとめ

まだアーリーアクセスですが概ね良い出来になっていると感じます。

日本での配信が待ち遠しいですね。

 

ちなみに自分のフレンドIDは0288 2094 937です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください