iPhoneXを安価に無線急速充電するならこれ一択!Omars Qi対応ワイヤレス充電器

iPhoneXをQiで急速充電するには

以前Anker PowerPort Qi 10をレビューしましたが、iOS11.2においても5Wでの充電しかできないという残念な結果となってしまいました。

iPhoneXを無線充電するためにAnker PowerPort Qi 10を買って失敗した話 ※記事修正予定あり

どうやらQiによる7.5W充電を行うには10Wではなく15Wの給電能力を持つ充電器を使う必要があるようです。

なんだこの謎仕様。

 

そのため、Apple公認の Mophie Wireless Charging BaseもしくはBelkin Boost Up Wireless Charging Padを使うしかなかったのですが、ついに15W対応の充電器が日本で発売されました。

Omars QI対応ワイヤレス充電器は15Wまでの出力に対応しており、公式にiPhoneXの急速充電に対応していると謳っています。

これは期待が高まりますね。

何よりApple公認の充電器が8000円程度なのに対して、Omars QI対応ワイヤレス充電器は3400円。半額以下で買えてしまいます。

と思っていたら、自分は3400円で買ったのにさらに値下がりしていてちょっと萎えてます。

 

急速充電できることが売りなのでしっかりiPhoneの画像を使っていますね。

レビュー

外観

見た目はまあ普通ですね。

商品写真ではかなり角度がついているように見えますが、実際は水平に近いです。

充電器の入力用にmiocroUSBケーブルが付属しています。

 

 

端末を乗せる側だけでなく底にも滑り止めがついているので安定感があります。

 

iPhoneXを乗せるとこんな感じになります。

微妙に角度がついているので置いたままでも画面を確認しやすいです。

 

充電性能

検証条件

さて、問題の充電性能です。果たして急速充電できるのか…?

急速充電を行うためにはACアダプタがQC3.0に対応している必要があります。

今回の検証ではQuick Charge 3.0 急速充電器 RAVPower 40W 4ポート USB充電器を使用しました。

検証結果

例によってMac Rumorの記事”iOS 11.2 Supports Faster 7.5W Charging on iPhone 8, 8 Plus and X From Qi-Based Wireless Charging Accessories“内の7.5W充電では1時間で40%充電できるという結果を参考にします。

13時7分から13時37分までの30分間に50%から69%までバッテリー残量が回復しています。

1時間あたり約38%回復している計算になります。

いやーめでたい。7.5W充電できていますね。

 

参考までに前回検証した5Wでの充電速度は1時間あたり26%でした。

iPhoneXを無線充電するためにAnker PowerPort Qi 10を買って失敗した話 ※記事修正予定あり

最後に

iPhone用の充電器を買うなら現状これ一択です。

半額で同じ性能を実現できているので、Apple公認のクッソ高い Mophie Wireless Charging BaseBelkin Boost Up Wireless Charging Padに手を出す気はおきないですね。

 

コメントを残す