iPhone XのSuicaが改札で引っかかるのはタッチ方法が悪かったという話

Apple PayのSuicaを活用しているのですが、改札を通る際に反応はするもののなぜかバーが閉まってしまうことがあり疑問に思っていました。

以前Xperia(裸運用)のおサイフケータイを使っていたときには起こらなかった問題だったので、ケースの問題なのかと考えたもののどうもそうでもなさそうでした。

結論から述べると、良かれと思ってちゃんと反応するようにしっかりと中央に押し付けていたのが間違いでした。

 

XperiaのNFCタグは中央付近にあるのですが(以前に書いたXperia Z1のバッテリー交換記事は消えてしまっていますね)、iPhoneXではiFixitで見てみると上面にありました。

だいたい下の写真の丸で囲ったあたりです。

 

そりゃエラー起きますね。むしろ中央をかざした際もかなりずれていたのに反応しているので高感度といえます。

それ以降端末の上端でコツンとタッチするようにするとスムーズにApple Payを使えるようになりました。

めでたしめでたし

コメントを残す